FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > 槍折れる

槍折れる

先日、前回に行っていい思いをさせてもらった場所に行きました。
午前5時到着。
暑くなるだろうと昼間までの釣りと考えて、早いペースでダンゴ投入しながらタナを決めて行きます。

この動作の最中に根がかり発生、

竿をあおり針をはずしにかかった時に「ミシリッ・・・!!」と嫌な音発生。。。

よく見ると元竿の口から10センチ程のところに横一文字の線が・・・
まさかと思い再度、竿をあおります。

すると横一文字がパックリ開いて笑っているようにも見えるではないか・・・
すぐに竿をまっすぐにして糸を引き抜きます。

いつからかはわからないが、塗装むらと思っていたのですが・・・
傷ができていたようです。

この竿は実家に戻ってから、日本一手先の不器用な自分が始めて自作した18尺のダンゴ竿
だったのですが・・・
試験釣行を釣り公園とテトラ帯の2ヶ所で合格とし、実戦初日にしてすでに折れていたとは・・・

とりあえず魚は掛かった時に対処すれば良しという気分で続行しました。
(すでに精神状態が病んでいた訳でまともな判断できず)

最初はゴンズイのアタリが2度続きましたが、ボラアタリ、ホンアタリと続きます。

ここで面白い事を発見しました。

それは何かというと、自分は元々軟竿を好んで使うので大アワセはしないのですが、魚が掛かった時には追い合わせをいれるのです。
この方法で今まで魚を釣り上げてきたのですが、今回は追い合わせは入れられません(当たり前ですが)。

竿の曲がる弾力だけでなんとか針がかりを狙っていたのですが、なんと!!
見事に針はずれします。
次もその次も・・・
朝の良い時合をすべて針はずれで流してしまいました。。

唯一、尺チヌ君がうまくカンヌキに針が入って釣れてくれました。

この結果、わかったことは、しごく当たり前なのですがアワセがいかに大事かという事なんです。
なぜ、こんな当たり前な事をと思われるでしょうが、自分はこれを体で覚えたということです(笑)
こんな事でもなかったならあまり気にもしない事だったのですが、何度もやられて思い知らされ
た次第です(苦笑)

尚、折れた竿ですが、、、
帰ってから古いグラスロッドを切って、エポキシで張り合わせました。。。

これで見た目は最悪になってしまいましたが、まあ・・そんなに他人は人の道具は見ないだろうと
(まだ精神状態が病んだままかも・・・)

妙に納得できた釣行となりました。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック