FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 思ったこと > 余談になりますが・・・

余談になりますが・・・

こんにちは^^

いよいよ一年中で一番すごし易い季節になってきた大阪ですが、この時期は非常に短くはかないですね(>_<)

すぐに蒸し暑い季節の到来です;;;覚悟しとかないと・・・

昨日のテレビでイギリスのチーズ転がし祭りの映像が映っていまして、これが諏訪の御柱祭りに似ていたので少し調べました(暇すぎか!!)。

で、、、

結果、まったく関係なかったのです^^;;;

ただ御柱祭ですが、昔よりユダヤ教との関係が指摘されていたこのお祭りですが・・・

あの御神木は樅(モミ)と呼ばれる木でミシャクジという土着神の依代となるとの事です。

ミシャクジは神官に憑依して宣託を下す神らしく、1年毎に八歳の男児が神を降ろす神官に選ばれ、任期を終えた神官が次の神官が決まると同時に人身御供として殺されるという「一年神主」の伝承も残るとか。。。

これはドルイドと呼ばれるヨーロッパ先住民のオークの信仰に似ているんじゃないかと思いまして^^;;;

さっそくこれも調べました(やっぱ暇じゃないのか^^;)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・wiki

山中から御柱として樅(もみ)の大木を16本(上社本宮・前宮、下社秋宮・春宮各4本)切り出し、長野県諏訪地方の各地区の氏子の分担で4箇所の各宮まで曳行し社殿の四方に建てて神木とする勇壮な大祭である。

この御柱祭りは7年目ごとに行われ、柱を更新する[1]。氏子は、木遣りや喇叭に合わせて曳行する。

正確には満6年間隔で行われる「6年に一度」なのだが、慣例として数え年の7年目ごとという意味で「7年に一度」と表記されることが多い。

最近は「7年目」もしくは「数えで7年」という表記に変わりつつある。

大きくは「山出し」と「里曳き」にわかれそれぞれ4月と5月に、そして下社は上社の一週後に行われる。諏訪地方あげての一大行事である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・wiki

これと良く似た祭りがドイツにもあります。

メイポール祭(マイバウムフェスティバルかな?)という祭りで、ミュンヘンやバイエルン、南ドイツ、チロル、スイス、アルザスなど、ライン 河の沿岸一帯に広く見られるとの事です。

そして、五月一日に町の中心に立てられるという事で御柱祭も4月に切り出され、立てられるのが5月の上旬ですので季節的にも同じですね。


「五月一日は、ヨーロッパの先住民であったケルト人の重要な祭日 です。」

「太陽の女神ベルを祝う、Beltene祭です。ケルト人にとってはこの日から夏が始まります。」なのだそうです^^

オッサンはドルイドの事についてはさっぱりなのですが、、、ニコラス・ケイジ主演の「ウィッカーマン」という映画を観ましてけっこう衝撃(怖かったですわ・・><)だったので、それ以来、ドルイド=人身御供のイメージが定着してしまっています^^;;;


日本は考えてみれば神社には必ずといっていいほど神木があり神様の依代となっていますが、人身御供の風習がなくて良かったなあと^^;


自然崇拝という意味で似ていると言えば確かに似ているのですが。。。

やっぱり生きた動物であるとか人であるとかは、ちょっと無理だなあと

・・・

それぐらいしか言えませんが^^;;;


と余談の余談ばかりで申し訳ありません。。。


本当は、今日に蘇我氏の仏教のお話の続きをしようと思ったのですが、テレビで観た映像が気になってしまい違う展開になってしまいましたm(__)m

それから昨日の自分の記事を読んでみて、蘇我氏を最初から大王(天皇)と決めつけて書き上げているので、、、一般の解釈として敏達天皇から続く四代の天皇の大臣として仕えたという解釈からは思いっきり離れているので何を言っているのかわからない方が多かったと思います。。。



これもお許し下さい(>_<)

それと物部氏や蘇我氏が時代背景が飛んでいたり、つながりがわかりにくかったりしてしまっていますが、この繋がりを担うのが秦氏(ソクド人)で彼らが先行して古代日本のネットワークを築いていたという展開になっている事の説明も不十分でしたm(__)m



葛城氏→蘇我氏→藤原氏と天皇に妃を送り関係強化をはかり摂関政治の土台を形成していく訳ですが、、、このシステムなんかもバクトリアの姫を妃にしたアレキサンダーの時代に始まったのか?と妄想しています。




と、、、


そんなこんなで余談ばかり^^;



蘇我氏への疑問は、次回にご期待下さい!




では(^_^)/
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック