FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > 釣行から一日経過して

釣行から一日経過して

今日も昨日の続きをお話しますのでよろしくお願いします^^

今回の釣行もそうですが、春先の釣りではこのスイッチが入る入らないが良く起こります。

それでも中には食い気のあるチヌもいたりするのですが、、、

今回は結束力の強いチヌ達にまんまと遊ばれてしまいました^^;

でも今回の事を考慮して改良できそうな部分もわかったので、それなりの成果もありました^^

また、これで使わなくなった水中ウキの再就職先もできました(笑)

杓を使った遠投はできませんが、工夫すればそれなりに使える事もわかりました。

水中ウキを使う事が、どれだけ紀州釣りに貢献できるかが???であるのですが、これが今後の課題になるでしょう。

今は正直なところ、とにかく一匹釣り上げたいですね^^;

今回のようにウキもまともに入らないような時の対処法として、聞き合わせで何回かかけたのですが、長竿を使ったせいか釣り針の食い込みがどれも浅くて、全部針ハズレという結果になった事も報告いたします。。。(>_<)

ただ、竿に乗った重量感からエサとりの正体はチヌとの判断をしました(実際ボラも釣ってはいるのですが・・・)。

それから、面白い発見もありました。

それは、ダンゴを投げて、ダンゴが底に着きます。そしてウキが潮の流れで引っ張られます。そしてダンゴが割れると水中ウキが上のウキを引っ張って、若干ですがダンゴを打ったところに戻ろうとする動きを見せるのです。

ダンゴが割れた瞬間に水中ウキが持ち上がり、水中ウキの抵抗が上のウキを戻すのだろうと考えました。

少しでもサシエをダンゴの近くに留めておきたい時の一つの方法になりそうです^^

今回の釣行では、水中ウキの長所より短所が際立ってしまった感がありますが、使い方によっては長所にもなり得るのだはないかと考えています。

せっかくなんで今後も色々と試してみます^^

次回はダンゴの配合を少しお話してみようと思います。


では(^_^)/
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック