FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > オーバーハングモンスターと必殺仕事人(木枠のタモ)

オーバーハングモンスターと必殺仕事人(木枠のタモ)

20140220130217_convert_20140220130439.jpg
前回の記事でウキをいじくっているタマの写真を載せた時に、思い出した事があって木枠のタモのお話を少ししたいと思います。

これはオークレイという所で作っている木枠のタモです。本来は落としこみ用だったような説明でしたが、一目見て、良い雰囲気を出していたので、チヌのダンゴ用に買った物です。

かれこれ5年ぐらいの付き合いになりますが、毎年のシーズンオフに陰干しして漆の塗りなおしをしていたので木枠の部分は新品とは言えないけれど^^;、買った当時の面影を残しています。

紀州釣り用として使われていたこのタモですが、ある事をきっかけに地磯でのフカセで活躍する事になります。

ちょうど時期的には今頃になりますね・・・

寒かったり温かかったりと気温も安定しないこの時期は、海水温の方も行ったり来たりで安定しません。

寒グレもそろそろ終盤になるようなこんな時にぶらりと地磯に釣りに出かける事があります。

理由は、釣れない時期なので比較的に空いている場合が多いので、釣れない釣り場でのんびりと釣ができるのと、重い道具を背負って歩くには調度いい寒さ(動いているうちに体が温かくなる)になるのです^^

釣り場について撒き餌をしてエサトリでも沸いてくるようなら、普通の釣りになるのですが、、、

撒き餌を入れても魚が見えない。。。

ウキを入れても仕掛けが動かない。。。

あれ??サラシも消えてるじゃないか・・・・(>_<)

と、、まあよくあるパターンに入ってしまった時なのですが・・・

こんな時は、早めにあきらめて退散するのがよいのでしょうが、、、

なかなか、素直に帰れませんよね!!

で、何をするかというと、磯でよく見かけるハエ根のオーバーハング。

「魚がいない、潮が動かない、潮が澄み切っている。。。」とこのような悪条件でもオーバーハングの所は、吸い込まれるような・・・黒い淵のような・・・なんとも言えない雰囲気がでていまして、こういう場合はなおさら、存在感が際立つのですよね^^;

こんな場所に仕掛けを入れて、魚が掛っても100%捕れないのはわかっているのだけれど、、、

せっかくだからやってしまうのですよね^^;

自分の上物竿は紀州釣りとの兼用をかねていますので、最大号数でも1.5号止まりなのです^^;

ハリスも標準装備で最大2.5号止まりです。針はケースの中の最大が7号なので、とりあえず仕掛けの方を最大仕様に変更します(笑)

ハリスをできるかぎり長めにとって根ズレ対策をとります。

あとは撒き餌の絨毯爆撃(ほとんどダンゴ打ち状態です^^;)で局所活性を上げる作戦を行ないます。

これをやると、一度や二度は魚が食ってきてくれるのです^^

ただし、先ほども言ったように100%捕れる場所ではないのですよね。。。

竿を思いっきり前に突き出して、両手で溜めてこらえますが・・・・

ぶっちぎられます(>_<)

こんな場所で釣れる魚達を自分流にオーバーハングモンスターと呼びます(笑)

彼らの姿を見た事もない(それまでにぶっちぎられるので^^;;)のですが、スピード感のあるナイスファイトでチモトをスパッと切っていくのは石鯛。
蒸気機関車のようにゆっくりではあるが、動き出したらとてつもないパワーでなぎ倒すように走るのは巨大カンダイと想像しています(爆)

彼ら(彼女ら)底物と呼ばれる魚達なのだろうと思います。

釣人の釣果写真で上物師が大きなカンダイを持って写っていたり、また銀ワサを持って写っていたりしますが、、、
この方達は、たぶん、エキスパートの中のエキスパートであると思われます^^


さてと、、、何故に木枠のタモが必要なのかのお話でしたね。。。^^;;;


え~っと写真の写りが悪いのでわかり辛いですが、網の目が細かいのがおわかりでしょうか?

このタモの特徴は木枠である他にこの網目の細かさにもあるのです^^

もうなんだかバレバレな感じがしないではないですが・・・(苦笑)

そうです^^;

油断した時(常に油断しているのですが・・・)、オーバーハングモンスターにウキごと持っていかれ、高切れでウキだけが海面を漂うような場面で、素早くウキを救助できるようにわざわざ地磯に持ち歩いていたのでした^^;


たぶん、ウキの回収をしている時は、釣りをしている時よりも動きが機敏になっていると思われます・・・(爆)

次はどんなお話をしようかな・・・



※ 訂正:木枠のタモはオークレイではなくオーランドでした(>_<)
  クーラーにロッドケースにバックにまでシールが貼ってあるのに・・・
  
  


では(^_^)/







関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック