FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 歴史 > 定番のお話ですが・・・

定番のお話ですが・・・

さてさて、今回はお約束の休憩をいれて、、、


最初は軽く4~5回のシリーズで終結しようと思っていた「燕と満州」ですが、、、
オッサンのネタが切れるまでシリーズに昇格させようと考えました(爆)

そんな訳で一気に進めるのでなく、のんびりといく事にしたいと思います^^

えっと・・・

今回は、本題との絡みではどうでもいいようなお話になりますが・・・
今回のようなネタが頭の中で妄想されて増幅していき・・・
今までお話になってきたわけでして^^;;;



では!では!


華北統一を果たし北魏を興した鮮卑拓跋氏についての面白いお話を一つ^^
彼らは中華の中に自分たちを入れたかった部分があるのです。
やがて彼らは自分達の身内を貴族とし、他部族との区別をはかるために元という中国名を名乗るのです。

「元」、、、
大モンゴルの大帝チンギスもフビライも鮮卑拓跋氏なのですね^^
そして日本にも源氏がありますね!

時は、五胡十六国の時代。

五つの涼という国がありました。

ひとつは南涼、鮮卑禿髪氏(せんぴとくはつし)。

ひとつは前涼、漢族の張軌(ちょうき)。

ひとつは後涼、テイ族の呂光(りょこう)。

ひとつは西涼、漢族の李暠(りこう)。

そして北涼、匈奴の沮渠蒙遜(しよきよもうそん)。

この中の南涼の鮮卑禿髪氏。

この氏族は河西地方をその勢力圏に、そして楽都を根拠地に建国します。

五胡十六国の時代を駈け抜けた鮮卑禿髪氏ですが、後秦,北涼,夏,西秦とのはげしい交戦で疲弊してゆき、西秦に滅ぼされると,王子の一人禿髪破羌は北魏に亡命します。

北魏の太武帝は禿髪氏は帝室拓跋氏と源を同じくするというので,破羌に源氏と姓を賜い,名を賀と改めさせたのです。

禿髪氏と拓跋氏はもと同族で,塞外からそれぞれ河西と山西に分離していったという事なのです。

太武帝は「そちたちは、朕と源を同じくする。事に因りて姓を分かつ。今は源氏と為すべし。」と述べたのだとか・・・

つまり、元と源は同族なのだというお話です^^


源義経は元義経だったのか・・・

奥州藤原氏(秀衡)が命をかけても守った義経は、やっぱりチンギスだったのでしょうかね・・・?


そして、そしてですが・・・
さらにこのお話には尾ひれがついているのです。。。

大武帝に「そちたちは、朕と源を同じくする。事に因りて姓を分かつ。今は源氏と為すべし。」と源の姓を賜り西平侯の爵位を受け、龍驤将軍の号を加えられ禿髪破羌ですが・・・

この時、破羌の息子たちも「源姓」の姓を賜ったのです。

以降からこの氏族は河南郡洛陽県を本貫としたそうなのですが、末子の阿毎は生母の身分が低いために、「源氏」の姓は賜ることができずに、そのまま「禿髪氏」として、北魏に仕えたそうです。

やがて阿毎は自分の部族を率いて東進して、朝鮮半島で同じ鮮卑慕容部の一派と白狄鮮虞部と羌氏、扶余などの各部族と合流して、朝鮮半島南部にいた海洋民族である韓人あるいは汗人を奴隷として、舟を製造させて海を渡り耽羅(済州島)にある漢拏山の山頂部にある白鹿潭(湖)付近の草原地帯に本拠地して、牧畜生活をしたという事です。

この連合部族が洲胡と呼ばれ、また耽羅鮮卑とも呼ばれるのです。

そして子供の禿髪汗斯が禿髪から父の名の阿毎に姓を変えて以降、阿毎氏を名乗るのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「前燕・後燕・西燕・南燕・吐谷渾などの国を建国した鮮卑慕容が応神・仁徳となり洲胡の盟主として汗斯など多くの各部族の長とともに、日本に渡海して先住民の倭人などを奴隷にして、河内王朝を建国に尽力する功績を残し、応神・仁徳天皇父子から出雲国~若狭国の日本海方面の広大な領土を与えられた。 」

そして、汗斯が亡くなり、その子の阿毎男大迹(継体天皇)が後を継ぐと、妻の弟でもある河内王朝の武烈天皇を滅ぼして、大和朝廷を建国した実質上の日本の皇室の始祖となり、今日の今上天皇(平成天皇)の遠祖であり、『大化の改新』以降から中国化した制度を採った中大兄皇子(天智天皇)が、阿毎氏から中華風の原氏と改姓した。

江上波夫氏、騎馬民族征服王朝説・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

オッサンの妄想とは少し違ってくるのですが、、、この記事も捨てられません^^

天智天皇が阿毎氏から原氏に改姓してたなんて知ってましたか?


そういえば衛氏朝鮮を興した衛満ですが・・・


『新撰姓氏録』によると日本の筆氏という帰化人系の氏族は、この衛満の子孫と称していたとの事です。。。


なんと言うのでしょうか・・・
オッサンの場合、騎馬民族の歴史は鮮卑なんですね。
その中に匈奴があり、チュルクがありなんですが・・・
原点はスキタイなんだよ!みたいな感じです。

今回、このお話をしたからには突厥(チュルク)のお話も入れなきゃなあ・・・
と考えているオッサンです^^




では!またね(^^)/

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック