FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 歴史 > 燕と満州2

燕と満州2

それでは燕と満州の続きを始めたいと思います。

当時の中国はこの地域を重要とせず、他国との緩衝地帯的なあつかいであったと。。。
それが幸いしてかどうかですが、、、たくさんの遺民や流民が集まってきた。
こんな解釈が前回のお話でしたね!

今回はその続きとして燕国とはどんな国?というお話からスタートします^^

まずはオッサンの過去記事から

「倭は燕に属する」という倭の認識は、北方の燕地を起点としている。

そもそも燕とは秦の始皇帝に滅ぼされた戦国時代中国の燕(鉅燕)から始まります。

「蓋国は鉅燕の南、倭の北にあり。 倭は燕に属す。」とは中国の古書山海経に出てきます。山海経の編集当時、倭は燕の属下であったという事になります。

倭国がこの時代にはすでに登場していますね^^
これは倭国の位置関係を記す記事でもあるのですが、今までと違い位置関係は考えずにお話を進めていきます。

燕国とは?ですが、wikiによりますと

「燕国(えんこく)は、中国にかつて存在した行政区分のひとつで、前漢の時代に設置された。時代によって広陽国・広陽郡・燕郡と名称を変えた。現在の中華人民共和国北京市にあたる。」とまとめられています。

それ以前にも燕という国はあったのですが、前漢の時代に行政区分化されたのでしょう。

そして秦や漢の行政にも助けられて・・・

この化外の地が、単なる他国への壁程度のこの地が、当時の流民や遺民にとっては、当時の権力の届かないオアシスに映ったのかもしれませんね。

ある者は技術をたずさえて、ある者は最新の武器をたずさえて、ある者は西方の彼方からの商人として、そしてある者はこの地の王ならんと亡国の再興を果たすために、日に日に膨れ上がっていたのではと妄想するオッサンです。

最初に狼煙を上げたのが衛満です。朝鮮史において同時代の歴史書に明記される最初の君主になります。

史記によりますと、衛満は亡命者が朝鮮を護ると箕子朝鮮王の準王にとりいり、朝鮮西部に亡命者コロニーを造ります。
そしてこの地に集まってくる流民や遺民を取り入り、勢力を増していきます。

そして前漢が攻めてきたと詐称して、準王を護るという口実で、王都に乗り込み準王を排して自ら王となります。
ここに衛氏朝鮮が生まれた訳ですね!

この衛氏朝鮮も前漢の武帝に滅ぼされます。
ただし、衛満が作ったコロニーはこれ以降も機能し続けていくわけですね!
また武帝ですが、高祖劉邦も尻尾を巻いた強者匈奴とがっぷり戦い打ち破ります。

オッサンの妄想では彼ら匈奴は,この戦いの後にフン族としてユーラシアに登場して駆け巡り暴れまわります^^

フンの名称はハンガリーにその名を残し、のちの1241年,バトゥ率いるモンゴル軍と,
ハンガリー王ベーラ4世とが,モヒ草原で互いの軍を対峙させるのですが・・・
バトゥはこの戦いで主力をハンガリー軍に投入します。
少数のバトゥ軍ですが、投石器を使い、巧みな騎馬戦術で徐々にベーラ4世のハンガリー軍を
着実に追い詰めていきます。。。
孤立無援のベーラ4世はこの戦いで孤軍奮闘しますが,このモヒの戦いで大敗を喫します。

多分ユーラシア諸国で唯一モンゴル軍と渡り合える戦闘ができたと思うのですが・・・
現役の騎馬軍団には歯が立たなかったという事なのでしょう・・・
オッサンの妄想ではここら辺が何とも言えない歴史のロマンを感じるところでもあります(妄想ですが・・)。

と・・・
きっちり、お約束のお話の脱線も入れましたので、あとのお話はまた次回にまわしたいと思います^^




ではまたね!(^^)/

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

No title

このような記事を見ていると・・・

白海が初めておっちゃんのブログに訪問した時の
衝撃?を思い出しますなぁ~(笑)

妄想歴史・・・なんともマニアックなお話!

えっ 釣りの記事も書いてはる! それも紀州釣り!
記事の内容からして、相当な腕前の釣り師さん・・・

実際ご一緒釣行して 初めてお会いした印象は・・・
あのような歴史記事を書かれているお方なので
何処かの教授・・・または先生・・・と言う(^_^;)
お堅い感じにお見受けしましたが(大笑)

ところがどっこい・・・ 外見とは裏腹に・・・
ボソボソっと真顔でおもろい話も聞かせてくれる
マジな話には真剣に答えてくれる
白海のバカ話にも一緒に合せてくれる!

釣り好きがもたらしてくれた
人と人との出会いに感謝ですね!



・・・・・どう?・・・ええコメントでしょう!(自爆)

白海さん、ナイス!!

白海さん、いつもコメント有難うございます^^

オッサン、クソ真面目に妄想史を書いてますが専門家が見たら、、、「何勝手な事しとんねん!ボケ~」と言われても仕方ないぐらいな妄想ですので^^;;;

妄想史・・・腰痛のリハビリにはなりませんが、、、たまにやると面白いです(爆)
ちなみに腰痛ですが、MRIをとってもらったんですが、、、前の椎間板ヘルニアの上にも一つ椎間板ヘルニアができて二階建てのオヤジになっていました^^;

それを聞いた時に、オッサンの頭の中で高見山が「2倍!2倍!」と叫んではりました(爆)

まあ、、時間薬で治そうと思ってます^^

白海さん、最初のころはそんなイメージやったんですね!
実際会ってみると、普通のおっさんで、以外と癒し系やったりして(自爆)

という事で来年もお誘い釣行お願いいたします^^v

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック