FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > 春一番

春一番

とうとう日本列島を春一番が吹く季節になりましたね!
土曜日の「ザ・フィッシング!」は長崎県九十九島の寒チヌを観ているオッサンです。
食い渋りのチヌをいかに掛けるかで苦心している様子です。。。

面白い展開です。

ってか

オイオイ!お前何しとんねん!!

と聞こえてきそうですが・・・^^;

実は四輪オッサン号で事故をやっちゃいまして、車は修理工場でどこにも行けませんでした。。。
事故は丁字路でオッサンは右折の途中に直進車にぶつけてしまいました(>_<)
左側のピラーに隠れて見えませんでした。。。
相手の方に怪我が無かったのが不幸中の幸いでした。

もしこれがスクーターやバイクだったらと考えると恐ろしくなるオッサンです(>_<)
いやあ、ホントに気をつけないといけませんね。。。

オッサン号は少なくとも10日はかかるという事で家で大人しくしています。。。


そんな訳で



2016021215260000_convert_20160213173327.jpg

こんなものに手を出しています^^



今日は



ここから
2016021215260001_convert_20160213173413.jpg




ここまで
2016021317290000_convert_20160213173441.jpg
やっつけました^^



ほとんどわからないけど・・・




もう、、、ほんとに気をつけようと思うオッサンです。





では!またね(^_^)/

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

大変でしたね

おっちゃんさま、こんにちは。
今回は大変でしたね。
でも物損まででまだ幸いでした。
バイクなんかだと大事故ですもんね。
あと怖いのは釣りで怖いのは帰りの眠気ですね〜
結構ヒヤッとすることありますのでね。
私もこの前かみさんの車を自分の車のナンバープレートに接触させるというヘマをやってしまい、めっちゃ怒られました。擦り傷はタッチペン塗り塗りごまかしました(笑)
ハチ君にも宜しくお伝え下さい。

No title

おっちゃん、こんばんは!

ブラックおっさん号の修理はちょいと痛いですがぁ
今回の事故は双方に怪我なしで幸いでした・・・ね
ドライバーなら誰もが起こりうる可能性があります(>_<)
ほんま運転は十分に気をつけていても恐いです・・・

ところで、またどえらい物作ってはりますね~~(^_^;)
出来上がりが楽しみですね!

白海も今度は総監督から貰った玉ウキを観察しながら
自作挑戦しているのですがぁ・・・

難しい・・・玉ウキは難しいですわぁ・・・(>_<)
という事でまたご教授願いませんでしょうか??

玉ウキの上下半分づつ色塗りする時に
真ん中(中心)がわからず下書きできません・・・

2,5㌢の発泡球やったら大きすぎますかね(浮力など)?

玉ウキ下部に足を付ける時、何㌢ぐらいの
足を出したらいいのでしょうか?
適当でよいのでしょうか?
それとも・・・海面、海中でラインのすべりなどよくするのには
足は何㌢以上出すのが好ましいとか?

ド素人の疑問質問ですんませんがぁ・・・
苦しい時の総監督・・・でお願い致します<m(__)m>

やまねこさん、こんばんは^^

やまねこさん、いつもコメントありがとうございます!

オッサンもこんな事は初めてでして、同じ条件で相手側がバイクとかだったらと思うと怖いです(>_<)
車は修理工場に行ってしまって音沙汰無しで、家では不便だと愚痴をこぼされ意気消沈しています^^;;;

三重にいた頃ですが、釣行の移動が長距離で帰りによく使ったのが伊勢自動車道なのですが、、、
釣りで疲れているのと変化の無いまっすぐな高速道路なのとで知らず知らずのうちにウトウトとして・・・
路肩を走っていてビックリした事がありました(>_<)
それ以来、眠くなくてもサービスエリアに入るようになりました。
あと、交通渋滞も釣行帰りはキツイですね。。。

やまねこさんも奥様の車に接触して怒られたのですか^^;
オッサンも後進時にバックモニターを見ながらぶつけるというへまをやらかしております^^;;;

今回の事は当事者同士怪我が無かった事が幸いでした。
もう一度、安全について見直す機会になりました。

白海さん、こんばんは^^

白海さん、いつもコメントありがとうございます!

いやあ~ホントですね!
これを良い機会にもう一度安全運転の練り直しです。
オッサン号もかなり長く乗っているので満身創痍にしてしまい申し訳なく思うオッサンです(>_<)

あのタモですが、自作タモ作成用モミの乾燥原木というのをオークションで見つけまして・・・
意気消沈していた事もあり、思わずゲット!してしまいました^^;;;

サイズが尺1寸なんでヘラブナ用ですが、あとで色々調べてみるとカヤやモミでなくても良さそうなんで、良さそうな素材を見つけたら採取・皮はぎ・固定乾燥としていけば40オーバーのタモも自作できそうです。
乾燥保管した事も忘れるぐらい時間経過させてからのタモ作りになりそうですが^^;;;

白海さんも玉ウキ作りにに挑戦ですね^^
玉ウキのセンターラインですが、人によって違いますね!
オッサンは多分これぐらいだろう喫水線を予想してセンターを決めているのですが、、、
使ってみるとバラツキ有りです(爆)

センターは人によってバラバラで真ん中で決める人やデザイン性優先で喫水線より下で決める人等いろいろですので、白海さんが良いと思った場所がセンターでいいんじゃないかと思います^^v
2.5cmですが、昔は標準サイズに入っていたサイズなんですが、魚がナーバスになったのか釣り人がナーバスになったのか・・・
ワンサイズ小さい物がよく使われてますよね!
オッサンも小さな玉を使っていたくちですが^^;この歳になると見えないです(>_<)
サイズは難しい問題ですね。。。製作工程は変わらないんで大小二つ作ってチョイスするようにしても良いかもですね!

それから玉ウキの足ですが、、、
これも長ければ上潮がすべったような時にいいんじゃないかとか考えたりするのですが・・・
オッサンのウキは上潮対策になるほどの長さはないのですね(>_<)
それでも上潮がすべった時や風が邪魔してラインを少しでも海面下に入れたい時などいいんじゃないかと思い若干長短の足を揃えてますが(気分程度しかないかも・・・)

うーん結局、長い足の玉ウキを使っている人もいますが、釣り場や釣り方にマッチするかという事になるのかなと思います。

なんか良い答えがでてきませんが^^;;;

オッサンが紀州釣りを始めた頃のお話ですが・・・

例によって下津です^^;(また下津かあ!?)

ノッコミ期の下津で常に二桁を釣る凄腕の方がいました^^

潮も早く竿下二本の水深で初心者のオッサン(現在でも^^;)には難しい展開です。。。

ハワセ幅もサッパリわからない状況でとにかく小さいアタリでもとりたいとどんどんウキが小さくなっていきます。。。

それでもアタリを出せない状況が続いて釣りを中断!
凄腕の方の後ろで見学し出します^^;;;

その方のウキは白海さんが作ろうとしている2.5cmの足無しの玉ウキで、それ以外はオッサンの仕掛けとなんら変わらない普通の仕掛けです。

ダンゴを投げてウキは潮に押されて流れていきます。
ウキはわずかな時間ダンゴの抵抗でシモってからまた流れていき、計ったように同じ場所でゆっくりと沈んでいきます。

魚のアタリですね^^
不思議だったですね~
なんでそうなるんやと!
その方は「ハワセを入れんと釣れへんで!」と言ってましたが、オッサンも他の釣り人もハワセ過ぎてたんでしょうね・・・^^;
それでアタリが出ないんでドンドンウキが小さくなって・・・(爆)

タナがマッチしていれば2.5cmの玉ウキは十分にアタリを出してくれるのですね!
それがわかっていても小さな玉を使うのは釣り人の性なんでしょうね(笑)

そう考えるとタナは重要ですね!
魚のアタリを伝えてくれるウキも重要ですね!

すんませんm(__)m
余計悩みそうな回答をしてしまいました(>_<)

玉ウキはオッサンの変玉でも魚のアタリは出してくれるので、魚が口を使う自然さとその時にきちんとウキが反応してくれるタナ!これが重要になるんでしょうね。

と、、、
長くなってしまいましたが・・・

ちなみに白海さんのウキは仕上がりが綺麗なんで楽しみにしているオッサンです^^v
プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック