FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > 直結結び器 パート2

直結結び器 パート2

ちょっと暖かくなりましたね^^ また寒くなるでしょうが、もう、スタッドレスはいらないので(つうか必要なかったですが^^;)、日曜に夏用タイヤに交換しました。

そしてタイヤ交換をしている最中にオッサン家のバアさんの具合が悪くなりまして;;;

「あれれ~>< これではどうにもならん!」と救急車を呼びまして、循環器系の病院まで運んでもらい、タイヤ交換が済んだオッサンも病院に駆けつけました。

心臓のブロック閉鎖とかで急遽入院しまして、今日手術をしてペースメーカーを装着しました^^v

ペースメーカーをつけたらかなり症状が改善した感じで一安心しましたが、歳をとるとなかなか身体が思うように改善しないものです(>_<)

自分も日頃から気をつけないといけないなあと思ったオッサンです^^;

さて、

前回、気まぐれで作った直結結び器ですが、しっかりした物を作ろうと思っていました。そこで材料をホームセンターで売っているアルミパイプあたりを考えていたのですが、、、

古い安物の投げ竿のトップが見つかりまして・・・ん?、これなんとか使えるかも・・・と
結局、家にある在庫部品etcを使って作る事にしました^^;

で、今回はそれを写真に収めましたので、大体の作り方と使用方法記事にしたいと思います^^

ざっくりですが^^;;;

まず今回の材料です。
20150224020306.jpg
上から投げ竿の穂先、釣具屋で購入のステンレス棒0.8mm.、釣具屋で購入中空パイプ3.0mm.(玉ウキの足に使用)

20150224020338.jpg
それにシモリ玉。ステンレス棒を穂先の中で安定させる為に使いました(3.0mm.中空パイプも同じ理由)。

まず、穂先を適当な長さにカット。今回は2本作りました(細径、太径)。ちなみに穂先の場合、テーパー状になっているのでシモリ玉の径なども考えて、前後で内径が違ってくるので注意です。
前の部分の径が大きく後ろにいくにしたがって細くなる形状です。

あと、思ったのですが・・・
ノック式のボールペン(いらなくなったの)等を改造できないだろうか?とか^^;

00.jpg
このような感じで、切った穂先に対して余裕をもって長めにステンレス棒をカット!

03.jpg
こちらは前の部分になります。シモリ玉は瞬間接着剤をつけて穂先の中にいれて固定しました。
※ステンレス棒が固着しないよう注意です!
04.jpg
※シモリ玉の径が小さくて入らない場合があります(写真も同様)、この時はステンレス棒の先を鋭角にカットしてひたすらグリグリです^^;;;

ちなみに写真は細径なので固定のシモリ玉は前の部分だけでした(後ろの部分はかなり細くそのまま使えました)。

次はステンレス棒の先の部分の加工です。
05.jpg
ステンレス棒のガイドとして細径、太径ともにシモリ玉が入っています。
これが前の部分になります。特長はステンレス棒の先を三角形に加工してあるのですが、少し隙間を開けてあります。
(この隙間は糸を三角形の中に入れる為です)

ステンレス棒は穂先の中を前後に移動できるように余裕をもって長さを決めて下さいね^^

06.jpg
後ろにステンレス棒を引っ張ると三角形の一部が穂先の内径に入るような感じです。

で、、、出来上がったのがこんな感じです^^
08.jpg

かなり大体になってしまいましたが^^;、この時点で直結結びをしてみたのですが、穂先の表面がつるつるで糸が滑る事が判明しました(>_<)

そこで、熱圧着パイプを使いました。09.jpg
20150224225115.jpg
前回に作った物との長さの比較です。前回作った時の材料ですが、
白の中空パイプ径3.2mm.(釣具屋で購入)、ステンレス棒1.0mm.(釣具屋で購入)、熱圧着パイプ(釣具屋で購入)です。

ちなみに耐久性に難があるのは熱圧着パイプでして、これの対策としてパイプが破れた時は、ブクブクに使うビニールパイプで対応できそうです^^
20150224042657.jpg
※パイプの中に先の部分が入るように加工しなおさないといけませんが・・・

ちなみに短い3本の直結結び器はピンオンリールをつけれるようにスナップサルカンがついています。
ピンオンリールの張力で先端の部分をパイプの中に引っ張りいれるように考えてありますが、今回のはまだどうするか決めていません。

ひとつ思い浮かぶのが
10.jpg
ボールペンのスプリングを使うことです^^

11.jpg
こんな感じでバネの力で常時は穂先の中に先端部分が隠れるようにすればいいかもと^^;


と、、、
ここまで説明しましたが、オッサンの下手糞な説明では何がナンだかわからないと思います。。。

そこで八の字結びの動画を観ていただきたいのです^^
簡単最強の直結・ダブル8の字・八の字

ご覧頂けたらすごく簡単な結び方である事がわかります^^
「わざわざ、こんな物を作る必要ないじゃない!」となりますね^^;

そうなんです^^わざわざ作る必要も無いのです。一点で結ぶなら・・・

この直結結び器は二点で結ぶ時にすごく重宝するのです^^v

動画の方の説明にもありますが、結び目が引っ張られた時に熱を持って切れてしまうのですね!

これを二点で結んで、さらに切れにくくする(結び目が二点の為、分散される)のですが、これがやりにくい。。。

そこでオッサンが作った(まだ完成でもないのですが^^;)結び器を使って説明します。

といってもオッサン、説明下手なので先の動画で八の字結びの大体のイメージを持っておいてください^^

1.jpg
まずは、ワッカを作って、穂先(結び器)の先端に入れる。

2.jpg
そしてグリグリと結ぶ器を回して糸にヨリを作ります。(オッサンこの時三回してます^^;)

3.jpg
そしてここが大事! 先端の三角形の隙間にハリス側を入れます。

4.jpg
そしてヨリを作った方を三角形の先端をくぐらせます。
すると写真のようにハリス側がヨリの輪っかを通った状態になるので、これを引っ張って抜いていきます。
(ある程度抜いたら、先端から糸をはずして、手で抜いた方が早いですね!)

6.jpg
で、こんな感じで一つ出来上がり^^v

7.jpg
同じ要領で隣に輪っかを作って・・・と
(写真の下に結び目が見えますね)

8.jpg
で、こんな感じになりますので、これもグイーと引っ張って・・・

9.jpg
ダブル八の字二点結びの完成です^^v

・・・オッサンのはトリプルでしたが^^;;;

これの長所は簡単に二点ができるにつきます。

動画を観て結び方を覚えられたら、一度手で二点結びにチャレンジして下さい^^


この結び器の良さがわかるかもです^^;;;



では(^_^)/
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

分かったような気がします

おはようございます。

今回は詳細な解説ありがとうございます。

しばらく睨めっこしてわかったような気がしています。
動画も拝見しました。

三角形の先端が隠れるようにするとは、
一度通した糸が外れないようするという意味ですよね?
あと書いてられますが、ピンオンリールで反対側から引っ張るより、
弱めのスプリングで引っ張るほうが、現場では扱いやすいと思います。

これは是非とも自分でやってみたいと思いますv-410
わかったような気になっているだけど、実際に使ってみないと
どれだけ便利か本当の意味でわかりませんからね。
道具作りも簡単そうだし、まずそこからですねv-392

情報ありがとうございましたv-410

ありがとうございます^^

説明足らずですみません^^;;;

道糸とハリスの直結では、この二点結びが最強ではないかと前々から思っていたのですが、指の太さが邪魔をしてなかなか思った場所に結び目が作れないのですね^^;;;

それで考えたのですが、、、説明するとなると難しいです^^;;;
CFマスターさんに解っていただけたので良かったです^^v

オッサンの試作器をベースに色々と改良して使い易い物にしてもらうと有り難いです。

あとは、針とハリスの結束部(チモト)の補強ができれば完璧なんですが、、、これが難しいですね。。。

オッサンもこれで不意の大物が獲れればと妄想しています^^

ご参考にしてください。
プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック