FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > 淡路島ダンゴ釣り通信

淡路島ダンゴ釣り通信

今日は太陽がまぶしくて昼間少し汗ばんだオッサンですが、皆さんいかがでしたでしょうか?

オッサン家はオッサンの祖父母の法要でしたが、肝心の両親二人が病院に入院中という事で、オッサンが代わりなんとか終わりました^^;;;(いやあ~、ホントに何も知らん状態で色々勉強になりました)

と、、、

そんな事はさて置いて^^v

昨日、オッサン倶楽部会員NO.1の白海さんからメールがありまして、前回不振に終わった淡路島に再度挑戦してきてくださりました^^

今回は万全を期して平日金曜日から行動を起しての釣行との事です!しかも奥様に泣きの再戦をお願いしての釣行という事です。(これは・・・責任重大、オッサンも緊張します^^;;;)

場所は淡路島志筑です。オッサン知らなかったのですが、旧津名港のあたりなのですね!
その昔、オッサンがフェリー待ちでサビキをしたらこれが良く釣れて、これがそのまま家のお土産になった記憶がありました。。。(ちなみにこの時は投げ釣りでの釣行で丸ボウズだったのですが^^;;;)

という事でやはり平日というのに釣り人でいっぱいでほとんどがサビキの釣り人であったとか・・・^^;
サビキというのは実は今ごろが旬であったりするのですね!魚種も豊富やし^^

今回も白海さん、エサのボケを探されたのですが、品切れだったそうです。ボケはダンゴのチヌ釣りの定番のエサでして、オッサンが三重にいた頃も三重釣りエサセンターという津にあるエサ屋さんに寄って調達しておりました(常時小ボケがあるのが鈴鹿と津の二箇所だったと記憶しています)。当時は三重県ではあまり使わないので置いてある店が少ないと認識してたのですが(筏での大ボケ使用が多い為)、大阪に帰って来てわかったのが、やっぱりどこもあまり置いてないという事でした(>_<)

う~ん、採れなくなってるのでしょうかね。。。

という事で白海さんは今回ボケの代わりにマムシを購入されたとの事です^^
オッサンはまだマムシでの釣果はないのですが、これは知る人ぞ知る落ちの時期のエサなのだと聞いた事があるオッサンです。

さすが、白海さん^^
そのマムシで3匹の釣果があったとの事です。

という事で今回の釣果
20141024225703.jpg
サイズが大きいので30センチとの事ですが、魚種多彩で淡路島らしい釣果なのではないでしょうか^^

サンバソウはいいサイズですね!グレもいて、チヌもずらりと並んでオッサン羨ましいです~(>_<)

欲を言えばもう少し大きいサイズが欲しかったとの事です^^

いやあ、これだけ揃えたらオッサンだったらOKです^^;;;


という事で今回はオッサン倶楽部白海さんでした!!(なんか勝手に定番化させてるし・・・^^;)

白海さん、お疲れ様でした。いつもありがとうございます! m(__)m

次回は泉南で^^v



では(^_^)/

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

No title

オッサン倶楽部会員番号052番に変更しました・・・白海です(笑)
おっちゃん、こんにちは!
こちらこそいつも有難うございます!
嫁に泣いてすがった淡路行き、なんとかおチヌ釣果ありで良かったです!

白海はいつも寝ウキを使ってるんですがぁ・・・
おっちゃんは玉ウキメインですよね、やまねこさんは自立棒ウキですね
三者三様でおもしろいですね(^^)/
今回もそうですが、毎回寝ウキの反応に悪戦苦闘しております(>_<)
よく言う、最初のボラのダンゴあたり、ダンゴが割れた後に訪れるであろう
寝ウキのピコピコチヌの前あたり、そして寝ウキを消し込む本あたりって
いうシナリオなんですが・・・ 白海、寝ウキを消し込むような本あたり
などほとんど見れません(悲) ではどのあたりで、おりゃ~とアワセを
入れたらいいものなのかぁ・・・そこでいつも試行錯誤しております!

今回もチヌが針を飲み込んでいたり、タモ入れした時に針が外れてたり
アワセが遅かったり、早かったりですよね・・・う~~ん難しいっすね(^_^;)



お返事、遅くなりました(>_<)

白海さん、こんばんは^^

会員番号052ですかあ^^;;;三桁会員の大団体になってしまったオッサン倶楽部です(ばんざーい^^v)。

うーん、紀州釣りのウキですね。色んなウキがあってそれぞれのスタイルがありで難しいですね。

三重県では自立ウキを使っている方によく出会いましたが、こちらに帰ってきたら白海さんのように寝ウキをつかっておられる方が多いです。

オッサンの玉ウキは釣りベストにすべて収まるように考えたら、玉ウキになってしまったのが正直なところでしょうか^^;

オッサンは寝ウキをつかっていた時もあったので、短い細寝ウキは保険にベストに仕込んであるのです^^v

三重にいた頃、自立ウキを使っておられる方と一緒に釣りをしたのですが、この方のハワセ幅が二ヒロとかとてつもなく長かったのです。この時の潮の流れは緩くとてもオッサンの玉ウキでは二ヒロのハワセ幅ではウキに反応がでなかったと思います。

そこでその方のウキをずっと目で追っていたのですが、アタリが出るのです(ウキの感度も良い)。

寝ウキもオッサンの細短寝ウキだとウキに反応があります(これも感度重視なので)。
寝ウキは潮の流れに対して素直に浮いているのですが、ラインに変化が出ると、寝ウキの動きも同じように変化する事がありますよね^^

このような動きで前アタリの判断をしていました。

特に大きくハワセを入れたときなんかは顕著です。玉ウキは構造上限界があるように感じます^^;

そんな訳で玉ウキは必要以上のハワセを入れないで釣りをします(ウキのレスポンス重視)。

という事は勝負が早い(オッサンが思っているだけですが^^;)。

と、、、ここまで書いて本人も訳がわからなくなりましたが・・・(爆)

「自分がウキの動きを一番理解しているウキで釣る」とこれにかぎるのかなという結果になりました^^;;;

次は魚の針の呑み込みですね。。。

これは早合わせと針を大きくするとかで少しは対応できますが、オッサン活性の良い時を利用して実権をした事があります^^v

1~5号のチヌ針を使い呑まれないように早合わせを入れてみました(5号はでかすぎて釣果が落ちます^^;)。

結果からいうと活性の高いときのチヌは、針の大小はあまり気にせずに食ってきます。
一番対応できるのが、早合わせなのですが、、、正直針がかりは悪くなります(かかりが浅くバラシが多い)。

それで考えついたのが、針の返しをペンチでつぶしてしまう(これは現在も継続中)。
あと、へらぶなの針に変更する(これも良いのですがエサ持ちが悪いような気が・・・)。

メーカーさんが呑み込んだ魚から外しやすい針を作ってくれれば良いのですが^^

呑み込ませず魚をかけるとなると棚を切ったウキ下で釣る事になりそうですが、これを実践されている方がブログをされているので参考になるかもです。

「ある小チヌ師の彷徨」というブログです^^v








プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック