FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > チヌのフカセ釣りって難しい。。。

チヌのフカセ釣りって難しい。。。

20141019131642.jpg

タマです。おかげ様で元気に暮らしています^^

今回は、三重の釣り友からフカセウキの色塗りをしているとのメールが入りました。エンド処理はエポキシ塗料がいるとの事です。自重のあるウキですし、使う場所によっては岩にぶつける事も多々ありますから外側のコーティングは重要なんですね。

オッサンは昔気質(どこがやねん!)なので手作りルアーを作る時と同じようにドブ付け処理をしています。これはあまりお勧めできないのですが(自重が変わるので)そこそこの強度はでます。

三重の釣り友がフカセウキの手入れをする理由は、たぶん渚釣りなる釣りに挑戦するのいではないか?というオッサンの想像(妄想ではありません^^)です。

オッサン、カゴ釣りとフカセ釣りも少しはするのですが、、、これはもう下手の横好きレベルでして運を天に任せた釣りに終始しているだけの状態です(最近はこれにダンゴ釣りも加わってしまっているようなとしっかり自覚・・・><)。

渚釣りに関しては、オッサンもさっぱりわからないのですが・・・
浜からシーバスをルアーで狙う場合、沖に払いだす場所を狙うのがキモになります。これと同じ事が渚釣りにも言えそうですね。

撒きえが広範囲に効くのはもちろんですが、活性も高い魚がいそうです(そのまんまのルアートークですんません^^;)。

さて、、、今回はフカセのチヌ釣りです。

実はオッサン、チヌを狙ってフカセ釣りをした事は数えるほどしかありません(>_<)

チヌのフカセ釣りを専門にするのは以外と(いや、かなり)難しいと考えているオッサンです。。。

拙いオッサンの経験から言うと、ダンゴの効いた釣り場でのフカセ釣りはけっこうチヌが食ってくる場面があります。
この場合の釣りは、あまりフカセを意識せず一点集中してポイントを作ってチヌを寄せるといったダンゴ釣りに共通する考えでOKではないかと思うのですがどうでしょう?

渚釣りを考えた場合、沖に向かって水深が変わるわけでして、どこにポイントを置くかというところがむずかしいのかなと妄想しております^^;

この場合、撒きえの配合も遠投が効くような内容にしないといけませんね。。。

うーん、撒きえ杓で超遠投とかした事ないですが、、、どうなんでしょう?

沖に払いだす潮に仕掛けをのせてそのまま流して行って、ラインが走ってアタリが来たならチヌは浮いてる事になりますね^^

グレは中層を釣るわけでして、浮いてくる魚を釣るのですが、チヌを釣るにもやはり浮かせて釣るのだろうか・・・?
今ごろになってそんな事を考えているオッサンです^^;

ちなみに熊野のカゴ釣りでもチヌが釣れたりするのですが、これは完全にエサをとる為に浮いてきているか、もしくは元々浮いていたのかのどちらかだろうと思います(冬場や早春)。

ダンゴのノッコミ時のチヌも中層を考慮しての釣りから始めます(低水温時は以外と浮いている?)。

冬場になると撒きえを担いで地磯をテクテクするので、チヌを思って釣ってみるのもいいかもですね(狙って釣る技術無し^^;)。

と、、、ダラダラと思うままに書き出しましたが・・・

やってみないとわからないですね。。。(爆)

そういえば渚のダンゴ釣りという研究課題がオッサンにはあったのですが、まだ実行出来ていませんね(>_<)

港内でのダンゴ釣りという課題も出来て、地元大阪湾で頑張ってみたいです。

とまあ、チヌのフカセ釣りを考えるが、オッサンがやりたい事に変化してしまいましたが^^;

ざっと書き出しても、まだまだ修行する事が多いオッサンです(笑)


では(^o^)/



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック