FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 釣り > 紀州釣りに使う竿は!?

紀州釣りに使う竿は!?

よく言われる釣りの格言に「竿は腕の延長」という言葉を聞く事がありますよね。
若い頃というか、四十肩など気にもしなかった頃(苦笑)
自分も竿は腕の延長と思い5.0mの竿を好んで使い華麗に?振り回しておりました。

そんな竿使いも知らないうちに出来なくなり・・・
今では両手でためるのが自分のスタイルになっています(笑)

腕を真上に上げる行為がこんなに辛いとは・・・

なんてならないように腕の柔軟体操を日ごろから心がけるようにしておいた方が、自分のようにならない為にも必要であると思います。

なってしまってからでは手遅れなので^^;

自分は貧乏性というかなんとういか、今まで使っていた竿を処分することも出来ず、しかも、単身赴任時代にあれこれ買ってしまった竿がかなりの数になっています。

これは自分が死んだら棺に入れてもらって、いっしょに焼いて貰うという事で話がついております(爆)



今日は、そこで紀州釣りに使う竿の特徴を釣技と竿の相関性より考えてみたいと思います。

まずは竿の特徴のおさらいです(笑)

紀州釣りの場合、ダンゴを遠くに投げる動作をする関係上、道糸のたるみをある程度とらなければなりません。
これに風や潮流等を考慮するとけっこうな道糸の遊びが必要になるわけですが、これがアワセを入れるときに不都合になってきますよね。

自然、竿が短かくなるほどに先調子の強い竿が求められると考えられます。

先調子の竿で強引に竿を大アワセするのは、ある意味気持ちの良いものであります。
よく紀州釣りをされている方が風きり音を鳴らしながら竿をあおられているのを目にします。
紀州釣りの一つの定番でもあり、自分も嫌いではないです(笑)

この動作をする事で魚がガッチリと針掛りして、それが手応えとして竿から伝わってくる最高の瞬間ですね^^

そして釣技というか、ここから魚とのやりとりへと移行してゆきます。

紀州釣りの対象魚になるチヌは俊敏性こそ無いものの、その魚体から中々のトルクのある引きをしますよね。
このトルクのある引きを先調子の強い磯竿であしらってもそれなりに楽しいのですが、この引きを楽しむ為に胴調子のチヌ竿を使うと、また違った趣があり楽しいものです。

自分は大チヌをあしらう時など、この限界に曲がる胴調子の竿に惹きこまれてしまった一人なので、無理を承知で紀州釣りにもチヌ竿を使う事を楽しみの一つと考えています^^

しかし、物には常に限界があるようで、杓を使った距離になると胴に乗る竿の調子がデメリットとなる事が多々あります。

つまり針はずれが多くなるのです(>_<)

これを解決する一つの手段として、自作の長竿という選択だったのですが、、、まだ杓を使った遠投での結果を出していない状態です(汗、、)

たぶん、そこそこの効果はあるはずですが・・・
なんて想像するだけの毎日が続いているだけの状態です(>_<)

腰の軟い胴調子のアワセの弱さを克服するには、竿の長さを従来の長さより長くする事(6.3m)で解決しようと考えたわけです^^;

もう一つは追いアワセを入れて、さらに確実な針アワセをするという方法です。
この方法は折れてしまった5.4mの竿では、手投げの距離までは有効です。
距離がさらに遠くなるほど針ハズレのリスクとの戦いが始まります。

これも釣りを楽しむ一つの手段と捉えれば良いと考えて、針ハズレの事は脳裏から消すというルールのもとに釣りを組み立てています(笑)

以上の事から、

竿の長さが短いほど、大きいモーションのアワセを入れて糸ふけを減らす行為をしないといけない為、先調子の竿で直線的なアワセを試みるようになり、

その逆に長くなるほど竿をあおった時の道糸の張り幅大きくなる事から、竿の柔らかさを竿の長さで相殺できるという考えが成り立ちます。

ただしこれも竿の性質上、限界があるのですよね。。。
竿自体の強度であるとか、持ち重りであるとか・・・

ここまで書いてきて、

またまた、何が言いたいかといえばですけど^^;;;

紀州釣り専用竿というジャンルが、タンブリングSPしかないのはどうかという事です^^;

ただの自分の嗜好の話ではあるのですが、チヌ竿に7.2mの長竿なんてあってもいいんじゃないかなんて(笑)

フカセ竿ならご当地モデルの長尺竿なんかがあるのだから、あってもいいじゃないかって^^;
大手メーカーがコスト面で手を出せないなら、日新さんなんかが気合をいれて作ってくれたら面白いと思うのですが・・・

ちなみに自分が最後に購入したのは、ゼロサム麟IMV2の1号の日新の竿です(笑)
選んだ理由は、持った感じが自分の好みの旧アテンダ0.8号に酷似していたからです。
小さい魚もそれなりに曲がり、大きい魚は満月にしなりながらも引き寄せてくる胴から乗ってくる腰の感じがありそうな雰囲気しています。

ただし、まだ実戦投入できていません・・・^^;

中々釣りに行く機会がありませんね。。。(>_<)

というボヤキをかましたところで失礼します<(_ _)>









関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック