FC2ブログ

ジジイの生活向上委員会

Top > 歴史 > オッサンの花朗考

オッサンの花朗考

今日も暑い一日でしたが、風邪の方は快方に向かっているようで食欲旺盛、お腹の出っ張りが気になるぐらいになりました(笑)

さて、花朗という古代新羅にあったと言われるミトラ祭祀兵団について、オッサンの妄想にあるイメージのお話をしたいと思います^^

新羅の花朗が祭祀した神はミトラだったのですね。オッサンはこの起源をローマ軍団であると思っているのです。

これは新羅の古墳で発掘されたローマングラスだけなのです(えー!?それだけかい><)。

この三国時代のものといわれるローマングラスは高句麗や百済では見つかっていないのです。

ホントただそれだけなのですが^^;、、、

ローマに存在した軍団は基本ローマ市民兵だったのですね。そして、各々の資産の大小により兵装も違っていました。

資産に余裕のある者は、きらびやかな重装備で統一されていて一つのステータスであったのですね。

ローマは、四世紀にキリスト教に国教が変わるまで、ミトラ教はローマ市民の神だった訳ですが、ローマ軍はキリスト教に変わった後もミトラを崇拝していたというのです。

ローマ軍はミトラを「無敵の太陽神」として崇めます。

このきっかけとなった出来事が、伝承されているのです。

パルティア帝国の連合国としてポントスという小王国があったのですが、、、

ポントスは黒海に面し、アナトリア半島の北東部にあった小王国で、王はミトラ(ミトラダテス)を名乗るミトラ教の国なのです。

ローマ軍はこのポントスと戦います(ミトラダス戦争)。

この小王国に大苦戦し、直接戦った軍人はこの王国に尊敬の念さえ抱くこととなるのです。

ローマ軍は最終的に勝利するのですが、降伏後も潔いポントス軍人に感銘を受けていき、彼らが信仰したミトラ教を自分達も取り入れていく事になるのです。

このようにして地方にいるローマ軍の間にミトラ教が深く浸透していく事になっていったという事です。

やがてローマは大帝国となるのですが、ローマ市民はこの繫栄を当たり前のように享受し堕落して行きます。。。

国が衰退して行く過程は古今東西変わらないといいますが、、、その繫栄に貢献してきたローマ軍の中にはこれに堪えきれず、新しい自分達のローマを夢見て東方に向かった軍団がいてもおかしくないという妄想から出ているのです・・・^^;;;

ただ、イギリスの騎士道に日本の武士道に新羅の花朗にこのローマ軍団の教えが伝わったという人は多いですね^^

古来より剣舞は神様のために舞います。実戦(いくさ)では刀は主役になれません(やはり槍です)。

相撲は勧進興行と呼ばれます。歌舞伎もそうですね!すべて祭祀に関係するものです・・・

どこか花朗と共通するものがあると考えるオッサンです^^

と、、、オッサンにはわからないミトラの影響が過剰妄想を引き起こしている事は間違いない!かもです^^;

ただ、ミトラ(拝火教を含めて)に関する事は中世のお話におもしろい逸話がたくさんあります。今後のネタですので温存しておりますが^^;;;

善徳女王のドラマに出てきた金ユ信にポントスの兵団を重ねてしまったオッサンです。。。(>_<)



では(^o^)/
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

No title

おっちゃん、こんにちは!
妄想歴史張り切ってますねぇ~~

今週末は雨でしたね・・・来週も天気悪そうで・・・(>_<)
前回の淡路釣行、予定より早めに納竿したので
釣り具屋で購入した配合ヌカが1袋余ってたので使わなと
土曜日に行きたかったんですが・・・ヌカすでにカビだらけ(>_<)
配合ヌカは今の時期、1週間持たないんですかね~

天気悪くて釣行出来ない時は 釣り具の手入れしときます・・・

白海さん、こんばんは!!

記事が変わって見つけるのが遅れました(>_<)

配合ヌカも素ヌカもこの時期は傷むのが早いですね;;;

特に配合ヌカは酵母や集魚材とかがカビの発生を早めますね。。。

一人住まいなら、冷蔵庫の野菜室という手もありますが、、、奥様が許しませんね^^;;;

うーん、やはり使いきるのがいいのだろうけど余った場合はできるだけ空気を抜いて密閉させて保存するしかないのかな・・・

あまり良い答えがでなくてごめんなさい(>_<)

ちなみにオッサンの保存している素ヌカですが、、、今朝確認した所、、、小さな蛾みたいなのでいっぱいになっていました(+_+)

夏の保存は難しいですね。

プロフィール

八爺

Author:八爺
59歳になりました。生活不詳、引きこもり、世間の事は何もわかっていない勉強中のジジイです。

我家にやってきた猫のタマの一年と一ヶ月の記録に同じく「台風からの訪問者」はちの成長と釣りとたまに歴史のお話と愚痴を記事にしていきますので、よろしくお願いします^^;

月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新記事
最新コメント
最新トラックバック